ブックトーク・オン・アジア第42回を配信しました

This post is also available in: 英語

京都大学東南アジア地域研究研究所では、アジアに関する最新書籍を紹介する音声プログラム「ブックトーク・オン・アジア」を配信しています。

第42回のゲストは、荒木 亮先生(東京都立大学・博士研究員)です。『現代インドネシアのイスラーム復興――都市と村落における宗教文化の混成性』(弘文堂、2022年)についてお話を伺っています。

聞き手は、当研究所の中西嘉宏(政治経済共生研究部門・准教授)です。

 

 

◆◆◆SoundCloudはもちろん、YouTubeでもご聴取ください◆◆◆
SoundCloud:
https://soundcloud.com/user-153026370-46049678/araki
YouTube:
https://www.youtube.com/watch?v=eFy_-bzGmX4&list=PLYNr5XeQb9WIM8svoGgRYPkshslSO3iKW&index=42

『現代インドネシアのイスラーム復興――都市と村落における宗教文化の混成性』
荒木 亮(著)
発行元:弘文堂
内容:東南アジアのイスラーム大国で混成する「宗教性」と「世俗性」。インドネシアは世界最大2億3000万人のムスリムが暮らすイスラーム大国です。世界的に興隆するイスラーム復興がこの国でも起きています。しかし、この国では必ずしもそれが中東や西アジアで起きているような「過激化」や「原理主義化」を意味しません。都会の女性たちはカラフルなヴェールでファッションを楽しんだり、村では非イスラーム的伝統文化も大切にされています。その独特な動態を「構造主義」と「混成性」をキーワードに生活世界の日常性から紐解きます。(弘文堂ウェブサイトより)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
配信日:毎月第2・4水曜日(予定は変更される場合があります)
聞き手:中西嘉宏(京都大学・准教授)
制 作:京都大学 東南アジア地域研究研究所 編集室
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>