タイ民主化と憲法改革

This post is also available in: 英語

39.『タイ民主化と憲法改革――立憲主義は民主主義を救ったか』

外山 文子(著)

刊行年月:2020年1月
出版社:京都大学学術出版会

内容

タイの近代政治は苦難の歴史であった。立憲革命以降,実にクーデターが13回,その都度憲法が破棄され新憲法が制定された。本来,立憲主義は民主主義の「質」を高めるために導入されるはずである。しかし新興国では,それが大衆による政治的要求を抑え込むために導入されている。大衆のパワーが既得権益層の危機感を煽り,「立憲主義」の名を借りて強化された司法が民主主義を脅かしているのである。立憲主義を謳って制定された憲法が民主主義を破壊する,現代政治のパラドックスを鋭く抉り出す。

・自著を語る
https://www.youtube.com/watch?v=YG2gYclH070&list=PLYNr5XeQb9WKSord37Qv8AcAADOwR0Im6&index=5