環太平洋研究叢書

0. 村上勇介・帯谷知可 編
『秩序の砂塵化を超えて―環太平洋パラダイムの可能性』
(京都大学学術出版会、2017年7月)

目次
環太平洋研究叢書の刊行にあたって(村上勇介・帯谷知可)
序章 新秩序形成に向けた動態的視座の構築をめざして
   ―環太平洋地域を起点に(村上勇介・帯谷知可)
第I部 動揺する国家と社会の枠組みの現在
 第1章 権威主義の進化、民主主義の危機―世界秩序を揺るがす政治的価値観の変容(宇山智彦)
 第2章 民主主義の揺らぎとその含意―今世紀のラテンアメリカの状況から(村上勇介)
 第3章 中国の資本主義的発展をどうとらえるか―歴史的「制度」の視点から(梶谷懐)
 第4章 イスラーム観の違いを克服する
    ―ポスト社会主義、イスラーム復興、権威主義の交錯するウズベキスタンの課題(帯谷知可)
第II部 アクターが作り出す位相
 第5章 分極化するアメリカ―その背景と課題(大津留(北川)智恵子)
 第6章 「現象」としての「イスラーム国(IS)」―反国家・脱国家・超国家(末近浩太)
 第7章 インドネシアにおける暴力をめぐる公私のポリティクス(岡本正明)
 第8章 現代イスラーム経済の挑戦―ポスト資本主義時代の新たなパラダイムのために(長岡慎介)
 第9章 UAEのフィリピン人ムスリム女性家事労働者
     ―ムスリム・アイデンティティのゆらぎと複層化(石井正子)
終章 砂塵化を超克する試みの萌芽(村上勇介・帯谷知可)

詳細 >>

page top