Kyoto Review of Southeast Asia

2006年の創刊以来、多言語(8カ国)オンラインジャーナルとして、東南アジアと日本の知識人の相互理解や様々な取り組みを促進する一助となることを目指してきました。毎号一つのテーマに沿って論評、書評、 フィールド調査でのインタビュー、会議報告書などを掲載しています。当初、翻訳は要約のみを対象としていましたが、2006年からはテキスト全文を日本語、英語、タイ語、インドネシア語、タガログ語で掲載するようになりました。
http://kyotoreview.org/

page top